中学受験は個別指導が有利

中学受験には学校での勉強や、自宅での学習、その他に塾などでの講義や指導が必要不可欠です。
その中でも、集団講義よりも個別指導の方が有利だと言われています。

積極的で発言力のある子ならいいのですが、近年若者は内向的になっている傾向にあります。
そのため、分からないことがあっても手を挙げて質問することもできずにいる子が生徒の多くを占めているのです。
講師もそのことに気づいてちゃんと指導できればいいですが、講師一人に対して生徒数人相手では気づかないこともあります。
限られた時間の中でどの生徒がどの部分を理解していないかはっきり把握するのはとても難しいことです。

このように集団講義にはいくつかの難点があり、それは中学受験に影響を与えることがあります。
その点、個別指導であればマンツーマンのやりとりで手取り足取り教えることができるため、個人の特徴を的確に把握し指導することができます。

その生徒の弱点を見つけ、対策を練り、解決するまで指導をするといった教育方法は、中学受験合格にはとても有効的です。
そして生徒も遠慮なく質問できるという体制が中学受験にはとても大切です。
同じ時間勉強するのなら、集団講義よりも個別指導で有意義な勉強をした方が、志望校合格への1歩になるでしょう。